FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三陸鉄道北リアス線(宮古〜久慈)、八戸線(久慈〜八戸)

 09,2015 19:00
前回の行程:山田線(盛岡〜宮古)

祭りで賑わうカオティックな宮古で腹を満たした。次は、三陸鉄道北リアス線に乗ることにする。
できれば浄土ヶ浜に行きたかったが、久慈から乗る「リゾートうみねこ」の時間を考えると、そろそろ潮時だ。

JRの宮古駅のすぐ隣にある三陸鉄道の駅舎の中は、いささか懐かしい感じ。
写真左手に売店があるのだが、そこの商品を買う時には、なんと写真右手にある、駅の窓口に持っていくのだ。きっぷとスルメは同じ扱いなのである。


スルメを買う客の後ろに並び、久慈までのきっぷを買う。

三陸鉄道といえば、「あまちゃん」で一般的にも有名になった路線。
あまちゃんきっかけで訪れた人を迎える車両も用意されていた。

ドーン。

のってけろ。
能年玲奈になんとなく似ている。

13:15、レトロな外観の列車が、宮古駅を離れる。観光客が多く、席は半分以上うまっている。

三陸鉄道北リアス線は、実はあまり海沿いを走っていない。
恥ずかしながら予習不足、乗ってから地図をみて気づいた。海沿いの景色を期待して、あまり海が見えないという、つい先頃乗った牟岐線でも味わったなんとも言えない感覚を思い出す。

しかしそこは三陸鉄道側も分かっているようで、数少ない絶景ポイント、つまり、海がきれいに見える陸橋の上で、しばし停車して写真を撮らせてくれるあたり、観光客をしっかり意識している。私もちゃっかり撮影する。



14:50、久慈着。
リゾートうみねこの発車まで数分。何もできずに乗り換え。

14:56、久慈発。
リゾートうみねこは、JR東日本が各地で運行している「リゾートxx」シリーズで、この車両の太平洋側の指定席は、1人用の席で、しかも窓に向かって45度傾けられるという、車窓をぼけーっと眺めて過ごしたい私のような人間にとってはタマラナイ車両だ。その席にすわり、約2時間、至福の時を味わう。


時間が経つにつれて、陽の光が黄色くなって、でも曇って、また晴れて…を繰り返して、忙しい天気だったが、存分に太平洋を楽しんだ。後半は、曇りのような、霞のような、霧のような、とにかく、あまりすっきりしない天気だったのにも関わらず、素敵な景色だった。


16:48、八戸着。

昨年末、大湊線に乗車した際に来ているので、特別なノスタルジーはない。
駅から外に出て散策することにした。駅の隣にある、ユートリー。八戸地域地場産業振興センターの愛称、ということで、1階には青森の地のものを取り扱う大きなショップもあるし、こんなものも飾ってある。八戸の祭りで出る山車らしい。結構、いや、かなり凄い。


そして、地酒の試飲機。

この手の機械を初めて見たのは、金沢駅だった。
100円いれて、酒が紙コップに注がれるという衝撃的な仕組みに興奮し、何杯か飲んでしまったのだが、それ以来全国どこに行ってもこの機械に出会うことができなかった。突然の出会い、もちろん試した。うまかった。

なお、北陸新幹線開通後の改装された金沢駅では見かけなかった…、なくなってしまったのだろうか。

話が逸れてしまった。

青い森、IGRにのって盛岡に戻る。


さあ、二泊目の盛岡の夕食はなににしよう。
2日連続で麺類もな…とは躊躇するも、やはり名物を食べたいので、ベタに「冷麺」を選ぶ。

駅ビルの中で焼き肉屋に入る。
ちょっと肉も食べたいなと思っていると、ちょうど焼き肉と冷麺がセットになったメニューがあった。観光客向けなのだろうが、まさに私が求めていたものだった。

何も考えずに、店に入って、満足して出てきたが、よくよく考えてみると焼き肉屋に一人で入ったのは初めてだった。

明日は釜石線に乗る。
L1052941_30days_850px.jpg
関連記事

Tags: 八戸線 ライカ

Comment - 2

2015.10.11
Sun
00:29

宿はなし #qbIq4rIg

URL

こんばんは。

3枚目の三陸鉄道のお写真、お見事ですね!
どうにも名古屋に住んでいる人間からすると、東に海があるというのが不思議な感覚です。
午後の時間は、順光となり晴れればすっきりとした海が見られるのでしょう。

実は山田線、三陸鉄道、八戸線には未踏でして…。
お写真を拝見して行ってみたい気持ちが高ぶりました。

編集 | 返信 | 
2015.10.11
Sun
10:37

うめきち #-

URL

コメントありがとうございます!
この写真は、何枚も撮った中の1枚でした。

九州に住んでいた時間と、関東に住んでいる時間がほぼ半々となってしまい、東北にいくことも多い今は「東に海」は違和感がなくなりましたが、
私にとっての原風景は実は「西に海」です。日本って広いですね。

山田線は山岳鉄道のような感じで、山か川ばかりでしたが、八戸線は海がとてもよく見え景色が良かったです。海が見える風景がお好きでしたら、是非!

私は、東海や関西方面はあまり乗れていないので、乗りに行きたいです。

編集 | 返信 | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。