FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石勝線(夕張支線) 新夕張〜夕張

 23,2015 22:38
2015年3月8日。

定期運行が終わる、「トワイライトエクスプレス」と「北斗星」を撮影するために、渡道していた。
今回の旅行は、主に撮影を行うための旅行だったので、レンタカーを予約してひたすら写真を撮る、
という旅行だったのだが、この際、盲腸線的なところに乗っておこうと思い立った。

室蘭本線の支線(東室蘭〜室蘭)と、この記事、すなわち石勝線の「夕張支線」である。


レンタカーで、新夕張駅まで向かう。
道東自動車道は、最高速度70km/hを守るのがなかなか大変な空き具合で、
大変気分よくドライブした。

雪がまだ残る、新夕張の駅に、ちょこんと一両編成の気動車が止まっている。


乗客は私一人。

車窓からの雪がまぶしい。

他に誰もいないものだから、防寒のために二重になっている窓を開けて、外の空気に触れ、写真を撮った。
誰もいないのだから落ち着いて撮ればいいのに、設定を間違って写真を撮ってしまった。
でも何となく、個人的に心に留まった景色だったので、現像で救いだす…(救えてないか?)。

途中の清水沢辺りで乗客が乗ってきた。
5歳くらいのかわいらしい女の子が、おじいちゃんの膝の上にのっかっている。
まさに「りんごのほっぺ」を地でいく彼女は、あと10年もしたら美少女になるに違いない、と勝手に思った。

夕張に着く。
そのまま引き返しても良かったが、何となく散策したくなったので、歩くことにする。

ホテルと、その裏にあるスキー場はにぎわっているが、それ以外は閑散としている。

バスの標識もほとんど埋まっていた。

映画の町ということで、昭和の匂いがする、映画を宣伝する看板があちこちにあった。

駅の近くで、「カレーそば」を食べ、再び新夕張へ向かう。


駅には、貨物が停車していた。
しばらくすると、特急「おおぞら」も来た。


レンタカーに乗って、苫小牧まで戻る。
今度は下道だ。

今日は列車に乗った時間が短かったこともあり、少し物足りない。
日も暮れかけてきたので、途中の駅で撮影した。
なにか通り過ぎてくれれば良かったのだが、1両も通らなかった。

スノーシェード、線路、山の端、夕焼け。

もしかしたら、これだけで良かったのかもしれない、
却って車両が写っていない方が、寂しい感じがする、
と、今は思う。



なお、この日は日曜日。
レンタカーのガソリンタンクの残量が非常に危ういことになった。
肝を冷やしながら、なるべくエコ走行を心がけ、給油できた時には命拾いしたと思った。

3月の北海道はまだ非常に寒く、本当に命の危険を感じた。
北海道の田舎に行く時は、ガソリンの残量に気をつけよう、そう誓った。
DF1_5747_30days_850px.jpg
関連記事

Comment - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。