FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国乗りつぶし その2(予讃線・予土線・土讃線・土佐くろしお鉄道・阿佐海岸鉄道)

 16,2015 22:47
2015年8月13日(木)、四国乗りつぶし2日目。

このような鉄道旅行を行う場合、妻は家で留守番である。
よって、お互い好きなことを一人でやるので、ある種の「解放」になっているようだ。

何を言っているかというと、
わたくしは、大体、旅先で晩飯を食った後、
コンビニでチョコやアイスを買って「パーティー」と称して、それを貪りながら
翌日の計画を立てるという至福の時を過ごすのである。

そうやって、昨夜は過ごした。


さて、7:00にホテルをでて、松山駅に向かう。
パーティーをものともせず、駅で地鶏弁当を購入。

宇和海5号へ乗り込む。

四国の特急は、グリーン車がちゃんとついていて、さすがにこの空間にはアンパンマンは見えない。
お盆であってもこの時間帯だと、乗客はいないようだ。
そりゃそうだ、自由席だって空いている。

8:08、松山発。
伊予大洲から宇和島までが未乗車区間である。
地鶏弁当を平らげ、少しだけ寝てしまった。



八幡浜のホームに「のりかえ 別府連絡」という表示があった。
船と鉄道が密接に結びついていた昔をちょっと体験してみたかったな、と思う。

宇高連絡船、青函連絡船、八幡浜から別府(これは鉄道じゃないけど)。
そういいながらも、今回自分自身は飛行機で四国へアプローチした訳だから、どの口が言ってるんだということになる。



9:30、宇和島着。
乗り換え時間10分弱、走って用を足しにいって、写真を撮ったら、もう出発だ。


いかに焦って撮ったか。上に看板が!ははは。ははは…。

9:39、宇和島発。
四万十川沿いに走る、予土線の旅である。今回の旅で、最も美しい車窓が見られるはず。

10:47、江川崎着。
なんでも、日本一暑い駅だそうだ。
実は、この1両編成のホビートレインには、同好の士がたくさん乗っていた。


花も咲いていたので、列車と絡めようと、
要は中井精也さんのような「ゆる鉄」みたいにしてみようと思って撮ったのだが、
今見てみると、意外と花が枯れていた。構図も煮え切らない。ま、いいか。


そして、四万十川。
水が青い。晴れてたらもっと美しいのだろうが、曇りでも十分わかった。

しかし、写真にはその感動があまり写っていないように見える。
おまけに青いカーテンまで右端に写ってしまった。難しい。

11:47、窪川着。
駅で、ちらし寿司のようなものを購入し、くろしお鉄道の駅舎で食べる。
窪川は、名前はよく聞く駅だったが、駅前は寂しい様子だった。

ここで、「くろしお1日フリーきっぷ(¥2,050)」を購入。
今はJRではないが、以前は「中村線」だった区間に折角だから乗っておきたい。
特急料金¥410を追加して、「南風3号」で中村方面へ向かうことにした。

12:49、窪川発。
天気がよくなってきた。青空が見え始める。

13:24、中村着。
13:30、中村発。ここまできたら宿毛まで乗る。

14:00、宿毛着。
その昔、宿毛〜宇和島に鉄道を通す計画があったらしいのだが、それは叶わなかった。
ここでレールは終わっている。


感傷に浸りながら、駅前のベスト電器を覗いてみたり、アイスを食べたりして時間をつぶす。

14:34、宿毛発。
いよいよ天気が良くなってきた。快晴と言ってもいいのではないか。
海が嘘みたいにきれいだ。中村線、じゃなくて、土佐くろしお鉄道に乗ってよかった、と思う。

※記憶色、ということで、VSCOのvelvia50で現像。でも、イメージはこんな感じ。

15:04、中村着。「南風24号」に乗り換える。

15:10、中村発。
ここから高知までは、若干眠ってしまった…。
旅も二日目となると、気を抜くと寝てしまう。

17:01、高知着。
龍馬さんこんにちは、である。
高知駅は高架で、おしゃれな駅舎だ。木がふんだんに使われているこの感じ、旭川駅を思い出す。


ホテルにチェックインして、着替えて、繁華街へ繰り出す。
はりまや橋などをみて、「なるほど、これが噂のはりまや橋か、うむ」と変な納得をし、
ひとしきりうろついてから、生ビール、メヒカリの唐揚げ、鰹のたたき定食を食べた。

ポン酢と塩、どちらにしますかと聞かれたが、塩は食べた記憶が無かったので、
「塩にしてみます」「是非食べてみて下さい」なんてやり取りしたので、
「食べてみて」=「試してみて」="try?"
「え、選択を間違えたか」と思ってドキドキしながら、運ばれてくるのを待っていたが、
いざ食してみると、非常に美味であった。

よく言われることだろうが、何の臭みも無かった。

ホテルに帰る道すがら、また、どこかの店先で、鰹のたたきを作ろうとしていた。


明日はいよいよ最終日だ。L1051784_30days_850px.jpg
関連記事

Comment - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。