FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日の名残り (呉の港にて)

 31,2016 12:06
明るいうちに呉線に乗るつもりが、途中下車して、夕陽を見る、に。

呉のフェリーターミナルでは、船の上から夕陽と艦船が見られるという、
今の私にうってつけのツアーを発見した。

あまりにもタイムリーだったので、いくら払ってもいいよくらいの気持ちだが、
¥1,300という良心的な価格でうれしい。


(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)


(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)

17:00頃、出航。

船は、1階部分が室内、2階部分が手すりと腰掛けのみの空間だが、迷わず2階へ。
海風は冷たく、体は冷えるが、それを感じながら景色を見たい。


(FUJIFLIM X-T1, XF56mmF1.2 R APD)


(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)


(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)


(FUJIFLIM X-T1, XF56mmF1.2 R APD)


(FUJIFLIM X-T1, XF56mmF1.2 R APD)




日暮れ時に、潜水艦の国旗を下ろすという儀式があり、間近で見ることができる。


(FUJIFLIM X-T1, XF56mmF1.2 R APD)


(FUJIFILM X-T1, XF90mm F2 R LM WR)




日が沈み、桟橋へ戻る。

(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)


女性が写真を撮っていた。
日の名残りを収めておきたい気持ち、とてもよくわかる。

(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)




わたしも。

(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)





(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)









そんなこんなで、真っ暗になってしまった。
呉線は明るいうちに乗ったのは、広島〜呉の間だけということにして、
ここから先は車窓から町あかりを見ながら、ぼーっと過ごした。

さすがにこのままでは、今日の宿、岡山に着くのが遅くなってしまう。
三原から、こだま。

(Leica M9-P, SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.)



明日は、旅程を決めていない。
長い旅行なので、1日、自由行動(一人だからいつも自由だが…)の日を設けた。

明日も岡山泊。
カメラだけ持って、うろうろしようと決めている。

(続く)

L1000296_30days_850px.jpg
関連記事

Tags: M9-P X-T1 呉線 夕陽 LEICA

Comment - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。