FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩徳線・宇部線

 11,2016 10:41
2015年〜2016年の年末年始休暇に、有給を合体させ、7日間の旅行に出かけた。
行く先は、これまであまり乗っていなかった、JR西日本の特に西側にすることにした。

12/26(土)、羽田8:15発、岩国空港行きの全日空便に乗る。
年末年始の休みが始まっているらしく、ほぼ満員。

岩国空港から、岩国駅へバスで向かう。
今回の旅行も、「乗る」だけでなく、観光も織り交ぜていこうと思っていたので、岩国といえば…の「錦帯橋」へ行った。

(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)

橋を渡るのに¥300かかるというので、橋の袂で入橋券なるものを買い、渡る。
見るのと体験するのとでは違うとはこのことで、高低差が激しく驚いた。

(FUJIFILM X-T1, XF90mm F2 R LM WR)

山の上に城が見えるが、時間がないため登るのは断念、岩国駅へ戻る。

券売機で青春18切符を買い、いよいよ開始。

2233Dにて岩国13:50発。岩徳線初乗車である。
オレンジ色の気動車が山の中を走る。この色を見ると「西に来たね」と思う。

(Leica M9-P, SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.)

ちなみに、鉄道に乗るときに心がけているのは「なるべく寝ない」「新規路線に日没後は乗らない」で、
つまり、新しく乗車する区間の車窓に敬意を払いたいという、なんだかよく分からない理由からなのだが、
実際はなかなかその通りにはいかない。

岩徳線に関しても然り。

有給を取りたいがための遅くまでの仕事が続いたのと、今日の朝も早かったのとで、寝てしまった…。
環境も良すぎるのだ。
シートが暖かい気動車、ゆるい速度、外は山の風景、これだけの環境になれば誰だって寝てしまう、だろう。

徳山15:10着。

3367Mにて、徳山15:21発。
山陽本線は、寝台特急「なは」時代に乗ったことがあるが、
先ほどのマイルールに重ねると、寝ていたのでカウントせず、今回が発乗車。

新山口16:04着。

(FUJIFLIM X-T1, XF56mmF1.2 R APD)
ここら辺までくると車両は「黄色」ばかりだ。

新山口の駅舎を見て、新しく綺麗で驚く。

(FUJIFLIM X-T1, XF56mmF1.2 R APD)

以前来た時は「小郡」の匂いが若干残っていたのだが、と思い写真を引っ張り出してみる。
実際のところはたった3年前だったが、やはり3年で変わってしまったのだろう。

(2013年初に撮影、Nikon D800, 24.0-120.0 mm f/4.0)

1851Mにて、新山口16:25発。

(Leica M9-P, SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.)

しばらく街中を走り、やがて田園地帯に入る。

宇部17:30着。
鄙びた、いい駅、跨線橋。

(Leica M9-P, SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.)

ここから先は、ちょっと奇妙なルート。
小野田まで行き、小野田線経由で、宇部新川まで戻り、投宿。
翌日に備えるために、このような奇天烈なルートにした。

偉そうに、「日没後は乗らない」とか言っているそばから、既に真っ暗ですが、ハハハ…。

(続く)
L1000025_30days_850px.jpg
関連記事

Tags: 岩徳線 宇部線 X-T1 M9-P

Comment - 2

2016.01.13
Wed
18:51

宿はなし #qbIq4rIg

URL

こんばんは、

久しぶりの更新、楽しみにしておりました。
僕も日が沈んでからは乗らないようにしております。
鉄道紀行作家の宮脇俊三さんも、日が沈んだら乗らないと書いていました。

とはいえ、仕方なく乗りますが…冬場はとくに…。

編集 | 返信 | 
2016.01.14
Thu
08:25

うめきち #-

URL

To 宿はなしさん

更新しよう、しようと思いながらも、なかなかできずにいました。
待っていてくださってありがとうございます。励みになります。

冬は日没が早くて難しいですね。

宮脇さんも確かに言っておられましたね、日が沈んでからは乗らない、と。
つい寝てしまったという記述も結構あったように思います(笑)。

寝ちゃダメだと思うのですが、気持ちいいんですよね。寝ると。

編集 | 返信 | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。