年が明けてから2回ほど鉄道旅行に行ったのですが、家庭やら仕事やら忙しく、なかなか更新できず…。ぼちぼち復活していければと思います。旅行記としてまとめるのも中々難儀なので、もっと気軽にアップできればなぁと思います。GWに乗車した、日南線。...
明るいうちに呉線に乗るつもりが、途中下車して、夕陽を見る、に。呉のフェリーターミナルでは、船の上から夕陽と艦船が見られるという、今の私にうってつけのツアーを発見した。あまりにもタイムリーだったので、いくら払ってもいいよくらいの気持ちだが、¥1,300という良心的な価格でうれしい。(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)(Leica M9-P, ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.)17:00頃、出航。船は、1階部分が室内、2階部分が手...
12/28、三江線、芸備線、可部線に乗車した。今夜から2泊、岡山に宿を取っているので、呉線で向かうことにする。5640Mにて、広島を14:30発。座席はすべて埋まっている。「安芸路ライナー」と名付けられた列車は、瀬戸内海沿いを走る。冬の、高度の低い陽の光が、海に反射していた。キラキラ、キラキラ。とてもいい夕陽が見られそう、そう思った。このまま、明るいうちに岡山まで乗るつもりだったが、突発的に呉で降りることにする。...
12/28、雨。5:00頃起床。江津駅前のホテルは、私と同じ目的を持った人が数名宿泊していたようで、皆、同じような時間帯に、駅に向かって歩く。コンビニのない江津駅前。ホテルの朝食も提供されていない時間。仕方なく、駅の自動販売機でカロリーメイトを買う。足りなかったら、非常食のチップスターだ。(FUJIFLIM X-T1, XF56mmF1.2 R APD)江津駅の窓口は空いておらず、駅員もいない。そのままホームへ入る。車両内は18切符の方が多...
山陰本線に乗る。これまで乗ったことのある乗車区間は、益田〜米子〜鳥取〜福知山なので、今日乗ることのできる未乗車区間は「津幡〜益田」及び「仙崎支線」だ。12/27。朝早く、小野田線全線乗車した後、3529Mにて小野田を8:06発、下関へ向かう。下関に着く頃には、シートはすべて埋まった状態になっていた。8:46、下関着。ここは、本州と九州が交わる場所。JR西日本の車両とJR九州の車両がどちらも見られる。九州生まれの自分にと...
小野田線である。岩徳線〜宇部線を完乗した後、2日がかりで小野田線に乗る。(前回の記事:岩徳線・宇部線)3547Mにて、宇部17:57発。18:01、小野田着。宇部方面へのホームは結構人がたくさんいる。(Leica M9-P, SUMMILUX-M f1.4/35mm ASPH.)1238Mにて、小野田を18:31発。小野田線もそれなりに人が乗っており、ロングシートはすべて埋まった状態になった。宇部新川に18:59着。宇部新川は閑散としており、スナックなどは開いている...
2015年〜2016年の年末年始休暇に、有給を合体させ、7日間の旅行に出かけた。行く先は、これまであまり乗っていなかった、JR西日本の特に西側にすることにした。12/26(土)、羽田8:15発、岩国空港行きの全日空便に乗る。年末年始の休みが始まっているらしく、ほぼ満員。岩国空港から、岩国駅へバスで向かう。今回の旅行も、「乗る」だけでなく、観光も織り交ぜていこうと思っていたので、岩国といえば…の「錦帯橋」へ行った。(Leica ...
あけましておめでとうございます!長らく更新せず、失礼いたしました。今年も良い年になればいいな、と、初日の出を車内から拝みました。旅の記録は、追ってアップします。今年もどうぞ、当ブログにお付き合いください。よろしくおねがいいたします。...
前回の行程:釜石線(盛岡〜釜石)、東北本線(花巻〜仙台)、東北本線(利府支線)東北の旅、4日目。今日は出発が遅い。駅の近くに宿をとったのでたくさん寝ることができた。9:13、リゾートみのりにて、仙台駅発。設備のしっかりしたリゾート系の車両に3時間以上乗ることができて、たったの520円だから嬉しい。有名な車両だけあって、乗車率7割を超えている。9:54頃、昨日乗り換えた小牛田駅から陸羽東線に入る。「みのりっ娘」に...
前回の行程:三陸鉄道北リアス線(宮古〜久慈)、八戸線(久慈〜八戸)前回の更新からだいぶ時間が経ってしまいました…。東北地方の旅、3日目。交通安全お守り。誰かに無事を想われている車掌さんの鞄が、やさしい陽の光を受けている。8:34、快速はまゆり1号にて、盛岡駅発。釜石線の旅だ。4号車指定席の乗車率は5%ほど。花巻で進行方向が変わるため、指定席のシートは最初は逆向きです、というアナウンスがあった。東北本線から東...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。